異例づくめ令和初の総選挙へ 衆院きょう解散 

 衆院は14日午後の本会議で解散される。衆院選は19日公示、31日投開票の日程で行われ、与野党は事実上、選挙戦に突入する。新型コロナウイルス対策などが争点となる見通しだ。岸田文雄内閣が4日に発足してから10日後の解散で、戦後最短となる。衆院解散から投開票日までの17日間も戦後最短。21日の衆院議員の任期が過ぎてから投開票が行われるのは現行憲法下では初めてで、異例ずくめの総選挙となる。

出典
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/211014/mca2110140545004-n1.htm

コメント