首相、14日に衆院解散 31日投開票へコロナ・経済が争点

岸田文雄首相(自民党総裁)は14日、衆院解散に踏み切る。政府はその後の閣議で19日公示―31日投開票の衆院選日程を正式に決める。新型コロナウイルス対策や首相が掲げる経済政策「新しい資本主義」への評価が争点となる。衆院選は2017年10月以来で、小選挙区と比例代表を合わせた定数465を与野党が争う。首相は与党で過半数となる233議席を勝敗ラインと定める。自民党の現有議席は276で、連立を組む公明

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA127950S1A011C2000000/

コメント