覚せい剤使用など無罪 「他人から強制の疑い」―大阪地裁

覚せい剤を使用したとして覚せい剤取締法違反などの罪に問われた女性(26)について、大阪地裁(西川篤志裁判長)は13日、「他人の強制によるものだったという合理的な疑いを差し挟む余地がある」として、無罪(求刑懲役4年、罰金50万円)を言い渡した。

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101300948&g=soc

コメント