年金通知書の誤送付、和歌山と奈良でも3,042件確認

日本年金機構は10月12日、誤った「年金振込通知書」を送付した問題で、新たに和歌山県と奈良県でも計3,042件が見つかったと発表した。これにより、既に判明していた愛知県、三重県、福岡県の3県分と合わせて、誤送付は計5県97万5,065件に拡大した。

出典
https://news.mynavi.jp/article/20211013-2136246/index.html

コメント