患者殺害「後悔なかった」 連続中毒死、元看護師供述

横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院・休診中)で2016年、患者3人の点滴に消毒液を入れて殺害したとして、殺人罪などに問われた元看護師、久保木愛弓被告(34)の裁判員裁判第5回公判が11日、横浜地裁(家令和典裁判長)で開かれた。被告人質問で殺害を後悔しているか問われ、「申し訳ないが、当時はしなかった」と語った。紺のジャケットにスカート姿の久保木被告は、やや早口で弁護側の質問に答えた。途中、立ち

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE113BW0R11C21A0000000/

コメント