経産省元キャリア2人、起訴内容認める 給付金詐欺公判

経済産業省の元キャリア官僚2人が新型コロナウイルス対策の「家賃支援給付金」と「持続化給付金」計約1500万円を詐取した事件で、詐欺罪に問われた同省元職員の桜井真被告(28)と新井雄太郎被告(28)の初公判が11日、東京地裁(浅香竜太裁判官)で開かれた。罪状認否で桜井被告は「全て間違いありません。私のせいで様々な関係者を巻き込んでしまった。大変申し訳ありませんでした」と起訴内容を認め、謝罪した。

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE113FO0R11C21A0000000/

コメント