「加害者も被害者も生みたくない」 中2いじめ自殺10年で遺族―大津

大津市で2011年、いじめを受けた市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺してから11日で10年を迎えた。父親(56)は同市内で記者会見し、「息子に先立たれ悲しむ気持ちに変わりはない。これ以上、加害者も被害者も生み出したくない」と涙ながらに再発防止を訴えた。 生徒の自殺を契機にいじめ防止対策推進法が制定されたが、最近も東京都町田市でいじめを苦にしたとみられる自殺が起きている。父親は「10年前と子どもを取り巻く環境に変化はない。力不足だったと息子に謝るしかない。息子は怒り、悲しんでいると思う」…

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101100881&g=soc

コメント