オーストリア首相が辞意、汚職疑惑で捜査対象に

【プラハ=細川倫太郎】オーストリアのクルツ首相が9日、辞意を表明した。検察当局がクルツ氏の汚職疑惑で捜査に乗り出したことを受け、与野党から辞任を求める声が出ていた。首相の座を降りて政権崩壊を回避する狙いがあるとみられる。記者会見したクルツ氏は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)などが続くなか、「この重要な局面で数カ月間の混乱をまねくのは無責任だ」と述べた。後任の首相には、シャレンベ

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR094SG0Z01C21A0000000/

コメント