いじめ根絶へ法改正を 「教育現場変わらず」―大津中2自殺10年で父

大津市で2011年、いじめを受けた市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺してから11日で10年を迎える。自殺を契機にいじめ防止対策推進法が制定されたが、父親(56)は「教育現場には変化が見られない」として、改正の必要性を強く訴える。 「息子が命懸けでつくった法律。息子が法律に変わった気持ちで10年を過ごしてきた」。父親はこう語る。この間、各地でいじめ自殺の遺族らを支援する活動を続けてきたが、「学校や教育委員会が資料を隠すなど、変わらない教育現場を再認識する10年だった。法律はあっても子ども…

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100900369&g=soc

コメント