会議からのミャンマー軍排除検討 特使への非協力にいら立ち―ASEAN

【バンコク時事】クーデター後の混乱が続くミャンマー情勢の打開に向け、東南アジア諸国連合(ASEAN)が合意した特使派遣が半年近く経過しても実現していない。ASEANは特使と全当事者の話し合いを求めているが、国軍は民主派との面会は認めない構え。いら立つASEANが今月下旬の首脳会議から国軍トップを排除する可能性が出てきた。 ASEANは4月、ミャンマーへの特使派遣や暴力の即時停止など5項目で合意。8月に議長国ブルネイのエルワン第2外相を特使に決めた。国軍と民主派の橋渡しを行い、紛争収拾につなげる役…

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100800860&g=int

コメント