「飛行機のシートベルト」が普及するまでの歴史とは?

現代では飛行機に搭乗すると離着陸の際にシートベルトの着用が求められ、着用サインが出ていない時でも、着席時は突然の揺れに備えてシートベルトを締めることが推奨されています。ところが、飛行機の開発当初から乗員にシートベルトの着用が推奨されていたわけではなく、一時は「シートベルト危険説」がささやかれたこともあったとのことで、飛行機のシートベルトが普及した経緯を航空機関連のウェブサイト・Air & Space Magazineがまとめています。

出典
https://gigazine.net/news/20211009-airplane-seat-belts-history/

コメント