国内オンプレミス型データベースの50%に脆弱性 ‐ 米Imperva調査

米Impervaが9月15日に発表したオンプレミス型データベースに関する調査結果によると、日本のデータベースの50%に脆弱性があることが分かった。また2017年~2021年の間、日本の一般的なデータベースには平均53件の共通脆弱性識別子(CVE)が存在していたことが判明した。

出典
https://news.mynavi.jp/article/20210915-1973276/index.html

コメント