風俗店経営会社の隠し所得で実質経営者が外車購入…6900万円脱税疑いで東京国税局が告発(読売より)

風俗店経営会社の隠し所得で実質経営者が外車購入…6900万円脱税疑いで東京国税局が告発

風俗店経営会社2社と、その実質経営者が法人税法違反の疑いで告発されたという記事。

「関係者によると、2社は川崎市で風俗店2店舗を経営して多額の利益を上げていたが、××氏の指示で売り上げを一部除外し、オフイスLは2019年11月期まで、Dホールディングスは20年2月期までのそれぞれ3年間に計約2億9100万円の所得を隠した疑い。隠した所得は、××氏が外車の購入費や関係会社への貸し付けなどに充てたという。」

出典
https://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/17388.html

コメント