DNAデータ削除求め提訴 男性に警察「犯人でない」―東京地裁

警視庁から窃盗容疑で取り調べを受けた際にDNAを採取され、その後疑いが晴れたのにDNA型データを保管され続けるのは違憲、違法だとして、埼玉県の男性(70)が13日、国と東京都を相手取り、データ削除と計150万円の賠償を求めて東京地裁に提訴した。

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091300791&g=soc

コメント