岸田氏、中期防改定の前倒し視野 尖閣防衛で法整備検討

自民党の岸田文雄氏は13日、国会内で記者会見し、29日投開票の党総裁選に向けて外交・安全保障政策を発表した。5年ごとの中期防衛力整備計画(中期防)の改定の前倒しを視野に防衛費増額に取り組むと訴えた。沖縄県の尖閣諸島など離島防衛のための新たな法整備を検討する。2018年末に決定した中期防は19~23年度の防衛費を27兆4700億円程度と定める。策定から3年後に再検討できる規定があり、21年はその

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA130EQ0T10C21A9000000/

コメント