【疾風勁草】菅義偉総理退陣が意味するもの 時代は指導力のある強いリーダーを求めている

 まずは、菅義偉総理に「新型コロナで大変な中、1年間本当にご苦労様でした」と申し上げたい。対外関係では、「自由で開かれたインド太平洋」という概念を国際的に定着させ、イギリス、ドイツ、オランダなど欧州各国を参加させたこと、日米同盟を深化させたこと、これらにより中華人民共和国への抑止力を向上させたこと、国内関係では、皇統の男系維持への道筋を作ったこと、国民投票法を改正し憲法改正への地ならしをしたこと、デジタル庁を創設し社会のデジタル化に着手したことなど、菅政権がこの1年間で成し遂げたことは意外に多い。

出典
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210913/mca2109130600001-n1.htm

コメント