連続少女誘拐犯の手帳に書きつけられた「悲願千人斬」…“少女の敵”が生まれた理由

「神奈川県警察史 下巻」によれば、住友令嬢誘拐で足どり捜査に当たった刑事たちは料理屋、飲食店、宿屋を調べて回り、2日目の9月19日夕方、一組が片瀬の旅館に入って宿帳をめくった。その中には「京都府久世郡御…

出典
https://bunshun.jp/articles/-/48452

コメント