《九州3児遺体》「ママのところに行けよ!」「パパがいい」加害父自ら語る“それでも息子への死に至る暴行を止められなかったワケ”

 8月下旬、福岡拘置所の面会室で記者はある人物を待っていた。ほどなくして、足をひきずりながら1人の男性が現れた。身長は160㎝程度でかなりの瘦せ型。半袖のTシャツからのぞく腕には隙間もないほどの入れ墨が…

出典
https://bunshun.jp/articles/-/48536

コメント