放送の外資規制違反、免許の取り消し猶予 総務省検討

総務省は放送事業者が外資規制に抵触しても、免許や事業認定の取り消し処分などを猶予する仕組みを検討する。外資比率の定期チェックや審査体制強化を導入する一方で、是正すれば放送停止などを回避できるようにする。情報通信分野の外資規制に関する有識者会議で10日、論点整理案として示した。取り消し猶予の条件や期間などの詳細は今後議論する。人手の足りないコミュニティーFM放送局は外国人の役員就任規制の緩和を検

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA103IB0Q1A910C2000000/

コメント