米、独禁当局トップにIT規制派 司法次官補に弁護士指名

【ワシントン=鳳山太成】バイデン米大統領は20日、司法省で反トラスト法(独占禁止法)を担う司法次官補に弁護士のジョナサン・カンター氏を指名すると発表した。グーグルなど巨大IT(情報技術)企業への規制強化を唱える人物を起用し、一段と厳しい姿勢で臨む。カンター氏が指名されたのは、司法省の反トラスト局を率いる次官補ポスト。議会上院の承認を得られれば、反トラスト法を共同で所管する米連邦取引委員会(FT

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN20EXP0Q1A720C2000000/

コメント