サイバー犯罪摘発最多、国内外で身代金要求型 警察白書

警察庁は20日、2021年版の警察白書を公表した。20年に全国の警察が摘発したサイバー犯罪の摘発件数は9875件で過去最多を更新した。国内外でランサムウエア(身代金要求型ウイルス)などの脅威が高まっているとして、捜査力を高めるため、組織改正や外国捜査機関との連携強化を進めるとした。20年に摘発が急増したのは、不正なウイルスでメールアカウントのパスワードを盗み取るなどの「コンピュータ・電磁的記録

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE1424T0U1A710C2000000/

コメント