「当店は選手村」法的にNG? 風刺と便乗商法、境目どこに―東京五輪

「当店は選手村なので堂々とお酒を提供します―IOC(いつもおいシー)」。こんな飲食店の掲示が今月、ツイッターで話題になった。通販サイトでは開催中止を求めるパロディーTシャツが売られるなど、こうした「五輪風刺」の商品や広告を目にすることがあるが、著作権や商標権の侵害には当たらないのだろうか。

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021072000141&g=soc

コメント