監査役の任務、帳簿の裏付け確認必要な場合も 最高裁

社員の横領を見抜けなかった監査役の賠償責任が争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)は19日、監査役は「会計帳簿の基礎資料を確認すべき場合がある」と判断した。監査役の責任を否定した二審・東京高裁判決を破棄し、審理を高裁に差し戻した。判決によると、横領があったのは千葉県内の印刷会社。経理担当社員が2007~16年に計2億円超を着服し、銀行口座の残高証明書を偽造した。会計監査

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE16DK40W1A710C2000000/

コメント