昨年の殺人被害者、5万人に 微増、新型コロナ影響も―ブラジル

【サンパウロ時事】世界で最も殺人が多い国の一つであるブラジルで、2020年に暴力的に命を奪われた市民が前年比4.8%増の5万33人に上ったことがNGO「ブラジル治安フォーラム」が15日に公表した報告書で分かった。殺人発生率は10万人当たり23.6人で、近年0.3人で推移している日本の80倍近くに達する。ブラジルでは17年の30.9人をピークに減少していたが、再び上昇に転じた。

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021071800224&g=int

コメント