日本アニメの先駆者、再起へ歩み進め 京アニ事件2年

36人が犠牲となった京都アニメーション放火殺人事件は18日で発生から2年。優れた品質で国内外から高い評価を得てきたジャパニーズアニメの「先駆者」は新作を再び公開し始め、スタッフが支え合いながら再起への歩みを少しずつ進めている。世界で躍進するアニメ業界への影響は大きく、国内外のファンはその道のりを見守っている。「日々みんながいてくれたらなと思う。2年たとうと思いは変わらない」。18日、八田英明社

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF224E70S1A520C2000000/

コメント