公判日程、いまだ見えず 証拠膨大、長引く手続き―京アニ事件から2年・京都

京都アニメーション放火殺人事件は発生から2年となったが、殺人罪などで起訴された青葉真司被告(43)の裁判員裁判は初公判の期日も決まっていない。司法手続きの長期化で、被告の記憶が薄れるとの懸念もある。

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021071800235&g=soc

コメント