「うっかり相続した土地」は国に引き渡し可能か?新法成立でも厳しい現実=前田昌代

相続5 土地は国庫に移せる? 現実は手放しにくい 新法の適用条件は厳しい=前田昌代  実家の土地建物を相続したが、今は誰も住んでいないし特に利用する予定はない。管理費用もかかるので手放したい。けれども、買い手を見つけることもできない──という、いわゆる「負動産」を持て余す者は少なくないだろう。負動産

出典
https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20210803/se1/00m/020/050000c

コメント