&社説/ドローン利活用拡大へ 官民連携で国産機の開発強化を

飛行ロボット(ドローン)の用途拡大を図るためにも、国産機の開発を急ぐべきだ。
今国会で改正航空法が成立し、2022年度をめどに人がいるところでの目視外飛行規制が緩和され、いわゆる「レベル4飛行」が実…

出典
http://www.nikkan.co.jp/articles/view/00601602

コメント