「まだ炎上ではない」視聴者からの抗議電話をスルーしたCM制作者が今も後悔すること

テレビのCMやインターネットの広告で炎上が起きるのはなぜなのか。クリエイティブディレクターの鹿毛康司氏は「炎上するのは世論が厳しいからではなく、想像力不足で人を傷つけているという判断ができていないから。私にも痛恨の思い出がある」という――。

出典
https://president.jp/articles/-/46741

コメント