携帯プラン高額誘導是正を 公取委、大手3社に

 公正取引委員会は10日、携帯電話市場の調査報告書を公表した。NTTドコモやKDDI、ソフトバンクの大手3社が販売代理店への評価制度によって、客の利用実態に合わない高額プランへの勧誘を助長している懸念があると表明。大手が代理店に対して端末価格を拘束していることも独禁法上の問題になり得るとし、自由な値付けを徹底するよう求めた。3社に近く取引の改善要請を出し、是正を促す。

出典
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210610/mca2106101701008-n1.htm

コメント