長崎市で路線バス 共同経営へ、長崎自動車と長崎県交通局

長崎市内で路線バスを運行する長崎自動車と長崎県交通局は9日、バスの共同経営を検討すると発表した。20年に施行された独占禁止法の特例で、バス事業者の共同経営が可能になったことから、同日連携協定を結んだ。早ければ2022年4月にも共同運営サービスを始める。利用客数の減少で経営が厳しくなるなか、運行などを分担し、路線維持を目指す。長崎自動車は「長崎バス」、交通局は「長崎県営バス」を市内で運営している

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC097MV0Z00C21A6000000/

コメント