都の時短協力金詐取疑いで初摘発 警視庁、バー経営者ら

新型コロナウイルス対策で休業要請などに協力した事業者に支払う東京都の「感染拡大防止協力金」を詐取したとして、警視庁組織犯罪対策5課は9日までに、ベトナム国籍のカラオケバー経営者、グエン・ズイ・ドン容疑者(38)=東京都新宿区=を詐欺容疑で逮捕し、税理士事務所職員の男(42)=東京都荒川区=を同容疑で書類送検した。都の協力金詐取を巡る摘発は初めて。同課によると、グエン容疑者は「時短営業しており詐

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE092MA0Z00C21A6000000/

コメント