日産元代表取締役ケリー被告の「報酬隠し」追及 検察側、本人は否定―東京地裁

日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告(67)の報酬隠しに関与したとして、金融商品取引法違反罪に問われた元側近の同社元代表取締役グレッグ・ケリー被告(64)らの公判が9日、東京地裁(下津健司裁判長)であった。検察側は被告人質問で、ケリー被告自身にも報酬開示を避けるために支払いを延期した「報酬隠し」があったと追及したが、同被告は否定した。

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060901117&g=soc

コメント