リコール制度、悪用防げず 厳格化には課題も―不正署名事件

大村秀章愛知県知事に対する解職請求(リコール)運動の不正署名事件では、署名が一定数を超えなければ内容を精査しない直接請求制度の仕組みを悪用し、署名が多数偽造された。再発防止を求める声が出る一方、手続きを厳しくすれば住民の萎縮を招く恐れもあり、慎重に検討する必要がある。

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060800743&g=pol

コメント