「分離プラン」と「新型コロナ」で逆風 携帯ショップのあるべき姿とは?

キャリアショップのビジネスモデルは、総務省が推し進める「通信と端末の完全分離」の方針によって打ち砕かれた。さらに、新型コロナウイルス感染症の流行により、店舗への来店客が減少している。キャリアショップは大きな業界構造の転換を迫られている。

出典
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2106/09/news110.html

コメント