菅原前経産相を一転、略式起訴 検察審の議論も影響か

菅原一秀前経済産業相(59)が選挙区内の有権者に現金を渡した問題で、東京地検特捜部は8日、菅原氏を公職選挙法(寄付の禁止)違反の罪で略式起訴した。昨年6月に不起訴としていたが、検察審査会の議決を受けた再捜査を経て判断を一転させた。特捜部は再捜査で現金供出も違法と認定した。法律が禁じた寄付行為の回数や金額を重視したほか、不起訴にした場合の検察審の議論も念頭に置き、略式起訴が妥当と結論付けたとみら

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE249370U1A520C2000000/

コメント