「生まれてきて幸せだったと言えるんでしょうか」 “誤診”でダウン症児を出産した女性が起こした訴訟の内容とは

 出生前診断を受けて「異常なし」と伝えられたが、生まれてきた子がダウン症だった光さん。乳児はさまざまな合併症に苦しみながら、出生から3ヵ月14日で亡くなった。自己決定の機会を奪われた光さんは病院を提訴す…

出典
https://bunshun.jp/articles/-/45731

コメント