熱狂SPAC曲がり角、4月上場は9割減 当局監視厳しく

【ニューヨーク=宮本岳則】米国市場で特別買収目的会社「SPAC」の勢いに急ブレーキがかかった。4月の新規株式公開(IPO)数は13件にとどまり、直近ピークの3月に比べて9割減となった。米証券取引委員会(SEC)による監視強化が背景にある。米国の動向は日本のSPAC解禁議論にも影響を及ぼす。SPACは企業の買収を目的とした上場会社だ。未上場企業がSPACとの合併を通じて株式公開を果たす。通常のI

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN271C60X20C21A4000000/

コメント