八王子アパート階段崩落、施工主捜索 住人死亡、業過致死容疑―警視庁

東京都八王子市の賃貸アパートで4月、外階段の一部が崩れ、住人の女性が転落死した事故で、警視庁捜査1課は2日、業務上過失致死容疑で、アパートを施工した「則武地所」(相模原市)の社長宅などを家宅捜索した。設計図書など関係資料を押収し、当時の施工状況について調べる。 事故は4月17日午後に発生した。2013年完成のアパートに住む大手里美さん(58)が外階段を上っていた際、木製踊り場と2階通路をつなぐ鉄製階段が崩落。大手さんは約2メートル下の地面に転落し、頭を強く打ち22日に死亡した。 捜査関係者による…

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021050200138&g=soc

コメント