「SPACは厄介者」バフェット氏非難 報酬にゆがみ

特別買収目的会社「SPAC」の仕組みには多くの問題点が指摘されている。一つはSPAC設立者(スポンサー)と株主の利益相反だ。設立者には報酬狙いで不利な条件で買収を完了させるインセンティブ(動機)が発生しやすい。著名投資家ウォーレン・バフェット氏は1日、自身が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイの株主総会でSPACを「厄介者」と批判した。SPACは通常、設立から2年で買収先を見つけられなければ

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB0227J0S1A500C2000000/

コメント