熊本のバス共同経営、全国モデルなるか サブスクも検討

熊本県内のバス5社による共同経営が4月に始まった。2020年11月に施行された独占禁止法の特例法で可能となり、複数の事業者が同一区間を走っている熊本市内の4区間について、まずは効率的な運行に切り替えた。熊本に限らず路線バス事業者は利用者の減少や乗務員不足に加え、新型コロナウイルスの感染拡大で経営環境が悪化している。熊本の試みは、各地で注目を集めそうだ。熊本の共同経営は九州産交バスと産交バス、熊

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC145BG0U1A410C2000000/

コメント