元妻、覚醒剤使用形跡なし 資産家殺害目的で入手か

「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助さん(当時77)が自宅で2018年5月に急性覚醒剤中毒で死亡した事件で、殺人容疑などで逮捕された元妻、須藤早貴容疑者(25)自身には覚醒剤を使った形跡がなかったことが1日、捜査関係者への取材で分かった。須藤容疑者が事件前、密売人に接触し覚醒剤を入手した疑いがあることが既に判明。野崎さんの遺体や自宅からも覚醒剤が検出されており、県警

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF013300R00C21A5000000/

コメント