中国は貿易合意順守を 知財権侵害「優先監視」―米

【ワシントン時事】米通商代表部(USTR)は30日、貿易相手国の知的財産権侵害に関する年次報告書を公表し、中国を17年連続で「優先監視国」に指定した。トランプ前政権下で昨年発効した米中貿易協議「第1段階合意」に基づく中国の取り組みが不十分だと判断。バイデン大統領も不公正慣行に対抗する姿勢を示しており、合意の履行状況を「注意深く監視する」(高官)構えだ。 公表したのは、他国による知財権侵害への対応を定めた米通商法スペシャル301条に基づく報告書。USTR高官は記者会見で、貿易合意発効後に中国は知財…

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021050100156&g=int

コメント