マラドーナ氏は「見殺し」にされた 医療委員会が報告

【5月1日 AFP】昨年11月に死去したサッカー元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)氏は、不十分な医療体制の下で長期にわたり「見殺し」にされたと、医療委員会が30日に結論づけた。

出典
https://www.afpbb.com/articles/-/3344862

コメント