河井元法相に懲役4年求刑、公選法違反事件

2019年の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公職選挙法違反(買収など)の罪に問われた元法相で元衆院議員の河井克行被告(58)の論告求刑公判が30日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれた。検察側は懲役4年、追徴金150万円を求刑した。検察側は論告で、地元議員らへの現金提供の経緯などに触れ「現金は選挙の報酬だったと認められる」と述べた。その上で一部の現金提供は妻の案里元参院議員(47)=有罪確定

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE305R60Q1A430C2000000/

コメント