国民投票法改正案の修正、自公の結論出ず 立民要求受け協議

憲法改正手続きに関する国民投票法改正案をめぐり、自民、公明両党幹部は30日、立憲民主党が求める修正の是非を国会内で協議したが、結論に至らなかった。立民は、政党ス…

出典
https://www.sankei.com/politics/news/210430/plt2104300029-n1.html

コメント