Googleが開発中で「最悪」と指摘される新システムが早くも独禁法違反で調査開始

Googleはすでに数々の独禁法違反で提訴されている最中ですが、Googleが構築&テスト中であるCookieレスの広告の仕組み「プライバシーサンドボックス」も、ライバルを排除してGoogleによる広告市場の独占を強化する疑いがあるとして、独占禁止法(反トラスト法)違反で調査され始めたことが判明しました。調査の結果次第では、新たな訴訟が起こる可能性があるとみられています。

出典
https://gigazine.net/news/20210319-google-privacy-antitrust-scrutiny/

コメント