全国173の講舎を開いた「石門心学」はなぜ衰退したのか (江戸のSDGs)

石田梅岩(ばいがん)を開祖とする石門心学を教える心学講舎は、1700年代半ばから幕末までの100年余で45カ国、173カ所に設立され、商人をはじめ町人・農民から武士・大名に至るまで幅広くその教えを学んだ。しかし明治以降、その影響力は急速に衰退する。その理由は何だったのか。

出典
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/20/00034/121800003/

コメント