5G情報流出、社外から遠隔操作で持ち出し 転職直前に170点

 第5世代(5G)移動通信システムの営業秘密の持ち出し事件で、不正競争防止法違反容疑で逮捕された合場邦章容疑者(45)が、ソフトバンクの技術情報ファイルを社外から遠隔操作で持ち出していたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。持ち出したファイルは、同社に退職を申告し、ライバル会社に転職するまでの約1カ月間で170点に上っていたという。警視庁は計画的犯行とみて調べている。

出典
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210113/mca2101131736023-n1.htm

コメント