有楽名店街2店主に明け渡し命じる 神戸地裁 阪神元町駅隣接の地下飲食街

 神戸市中央区の阪神元町駅に隣接する地下飲食街「有楽名店街」で、すし店を経営する長野春男さん(67)ら2店主に、家主の阪神電鉄が立ち退きを求めた訴訟の判決が13日、神戸地裁であった。「定期借家契約」の事前説明が適切だったかが争点で、矢向孝子裁判官は「説明は不足していない」として阪神の主張を認め、店主

出典
https://mainichi.jp/articles/20210113/k00/00m/040/291000c

コメント